椅子の革張替え 3!

指の調子を見ながら、毎日少しずつ削って

何とか工具を、改造しました。

 

其の1!

   DSCN3825

 

   DSCN3826 DSCN3827

   この様に、溝を削り先端をとがらせました。

 

其の2!

   DSCN3828 DSCN3829

 

   DSCN3830 DSCN3831

   金槌の方もこのように、くぎ抜き部分を改造しました。

 

其の1の工具で、鋲を浮かせて

其の2の工具で、抜き取る。

という計画です。

鋲の数が、200以上あるので

ボチボチと、やっていきます。

          ダロン.マロキ

スポンサーサイト

椅子の革張替 2!

鋲をダメージ最小で抜く方法を、あれこれ考えている間に

時間が、どんどん過ぎしまいました。

 

まずは、

工具 1!

   DSCN3821

   このスパナを改造し、鋲抜き工具を作ろうと思ってます。

 

工具2!

   DSCN3822

   家に有った、このハンマーを下画像の様に改造します。

   DSCN3823 DSCN3824

   釘抜部分(右画像矢印部分)をもっと薄くし、鋲を抜きやすくします。

 

体調が余り良くないので、時間掛かりますが

改造できたら報告します。

ダロン.マロキ

椅子の革張替 1!

指の方が、なかなか回復しないので

投稿が久々になりました。

 

そんな中考えていたのは、

椅子!

   DSCN3814

   見ての様に、古い椅子です。

   100年位前の、イギリスの椅子と言う事です。

   気に入って、少し使っていたのですが

   とうとう革が割れ(?)て中のクッション材の

   ほこりが出てくるようになりました。

   仕方なく、使うのを止めていましたが

   又使いたくなったので、革の張替に

   チャレンジしようと決意しました。

 

各部のアップ!

   DSCN3815 DSCN3816

   座部と、背もたれ部です。

 

   DSCN3820 DSCN3817

   座部と、背もたれ部のそれぞれ裏側です。

   相当、ボロボロになってます。

 

革を止めてある、鋲も気に入っているので

巧く外して、そのまま使いたいと思ってます。

いろいろ、課題が多いですが

頑張って、チャレンジします。
(気長に、見守ってください。)

          ダロン.マロキ

ブルースハープケース 2!

何かと、サプライズが有って遅れてしまいましたが

ブル-スハープ ケース 完成!

   DSCN3766 DSCN3767

   正面・底面 です。

   正面は、ちょっと寂しかったので トレードマークを打ちました。

   底面は、湿気抜きの穴が開いてます。

   留めホックは、側面にするとオリジナルの様に本体が凹むと思い

   底面にしました。

 

   DSCN3768

   裏面です。

 

   DSCN3769

   ブルースハープ本体を、入れた所です。

 

本体側面の修理!

   DSCN3770 DSCN3772

   この様に、大分凹みが無くなりました。

   カバーを外して、裏から押し出しました。

 

   DSCN3771

   驚いたのは、このカバーを止めているネジの様な物!

   マイナスの切込みが有るので、てっきりネジだと思い

   頑張ってドライバーで回したのですが、全然取れません。

   思い切ってカバーの隙間に、ドライバーを差し込み

   こじ開けてみると、

   なんとこれは『釘』でした。

   『こんな事するんだな~?!』

   と思いました。

 

チョッと発見の

『ブルースハープ』ケースの制作でした。

          ダロン.マロキ

ブルース ハープ ケース 1!

万年筆をあちこち探した時、

こんな物を、発見しました。

ブルースハープ!

   DSCN3746 DSCN3747

   ブルースやフォークソングの演奏時等に使う、小さいハーモニーです。

   かって、やってみようと購入したものですが、ほとんどしてません。

   (当然演奏は、ほぼだめです。)

   青色のケースが、経年変化で劣化し表面がベトベトしてます。
   また、ボタンを留める時に押す為一部へこんでいます。

 

こうなったら、ケースを革で作ろうと思います。

ケースの本体は、考え付いたのですが蓋をどうするか

なかなか、考えがまとまりません。

もう少し、頑張ってみます。
ついでに、凹みも直してみます。

 

万年筆の方は、一番古い黒いペンのインクカートリッジが

探したのですが、有りませんでした。

他のペンは、インクが有り復活は確認できました。

          ダロン.マロキ

プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ