ジーンズ修理 2!

縫う前に、
菱目打ち!
   DSCN3870.jpg
   当て革に、先に菱目を打っておきました。
   そして、縫い付ける部分に張り付けました。

   後は縫うだけとなり、必死で縫いまいした。

お待たせしました!
やっと、
完 成!
   DSCN3871.jpg   DSCN3872.jpg
   前身ごろ部分です。
   右は、アップした画像です。

   DSCN3874.jpg   DSCN3873.jpg
   後ろ部分と、ポケットの入口です。

ジーンズのステッチ幅が 4mm だったので、4mm ピッチで縫いました。

痛めている左手の、親指も少し痛みが出たので休み休み
急いで(?)縫いました。
作業後、左手を冷やしておきます。

まずまずの出来となり、期待通りです。

また、今回
「ウォッシュ加工の生地は、結構布のダメージが大きいのかな?」
と言う事を、感じました。
糸が、かなり弱くなっており引っ張るとすぐ切れてしまします。
「エ~!ジーンズなのに…?」
と言った感じです。

しかし、これで当分は、持ちそうです。
早速、明日から履いてみます。
                          ダロン.マロキ
スポンサーサイト

ジーンズ修理 1!

なかなか、指の方が治ってこないので刻印に挑戦出来ません。
今回は、針を使って様子を見てみます。

ちょっと変わった物に挑戦します。

ジーンズ!
   DSCN3867.jpg
   いつも履くのは、ジーンズです。
   こちらのジーンズは、数年はいた物で今年の夏も
   これにしようと思ってました。
   が、
   ご覧のように、あちこち危険状態です。
   修繕しようと思ってましたが、しっかり忘れてました。
   と言う事で、今回の挑戦にしました。

ダメージ部分をカバーできるサイズに革を
カット!
   DSCN3868.jpg
   外形部分 1cm 位を剥きました。

これを当てて、しばらく縫い続けます。
しばらくお待ちください!
                        ダロン.マロキ

椅子の革張替え その後!

椅子の革張替えてしばらく様子を見ていましたが、
見栄えとともに、座る時ぼこぼこと音がする等
どうしても背もたれの膨らみが気になります。

そこで、裏面から水を入れてみました。
結果!
   DSCN3858.jpg
   正面から見ると、この様に割と平面になりました。

   DSCN3859.jpg   DSCN3860.jpg
   斜め上からの画像です。
   少し凸凹してますが、ほぼ平らに成りました。

これで、少なくとも座る時の音は出なくなり前よりは見栄えも良くなりました。
こんな所で、OK! としました。

ついでに、切り取った革でレースを作りました。
革レース!
   DSCN3857.jpg
   4m 位出来ました。

こんな事してましたら、又指の方が少し痛み出しました。
なかなか、治りませんね~!
                        ダロン.マロキ

椅子の革張替え 10 完成!

手の調子も、徐々に良くなって来ましたので続けて作業しました。

前回の背もたれ部分では写真撮り忘れたので載せなかった
座面部の革加工!
   DSCN3850.jpg
   この様に、サイド部分を頑張って 1.5mm 厚に剥きます。
   折り曲げが楽に成る様にするのと、分厚いままでは
   裁断面の、見た目が悪いと思ったからです。

後は、ひたすら鋲を打ち続けました。
結局、約2時間くらいかかりました。

完成!
   DSCN3852.jpg   DSCN3853.jpg
   正面と、向かって左側です。

   DSCN3854.jpg   DSCN3855.jpg
   後ろ面と、向かって右側です。

   DSCN3856.jpg
   全体の感じは、こんな感じです。
   背もたれ部の、教訓を生かし何とか面が膨らまないようにできました。
   鋲打ちも、少し慣れて背もたれ部では 10本失敗しましたが
   今回は、2本の失敗で出来ました。
   

早速座ってみました。
思ったような感じの座り心地で、硬くなく柔らかくなくとてもいい座り心地で
大満足!
背もたれ部分の、膨らみが気になりますが無視します?!

と言う事で、長い期間に成ってしまい 又、一部不満はありますが、
完成しました。
今日から、毎日使っていきます。

お付き合い、ありがとうございました。
                         ダロン.マロキ

椅子の革張替え 9!

背もたれ部分の、カット・革剥きをして

取付!
   DSCN3846.jpg
   こんな感じで、鋲打ちまでしました。
   なかなか難しいと思ってましたが、やはり難しかったです。
   真鍮製のため、うまく打つことが出来ませんでした。
   10本くらい、ダメにしました。
   鋲の間隔も、思っていたよりバラバラになってしまいました。

失敗部分!
   DSCN3847.jpg   DSCN3848.jpg
   左は、うまくいったと思う方です。右は、うまく打てませんでした。

さらに!
   DSCN3849.jpg
   革の張りが、弛んでしまいました。
   予定では、ぴんと張っている筈でしたが鋲を打ち終わてみると
   ご覧のように、蒲鉾状態です。(トホホ・・・!)
   どうも、サイド部分から先に鋲を打ったのがまずかったと思います。
   座面部には、この経験を生かそうと思います。

後少しですので、頑張ります。
                   ダロン.マロキ
プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ