革 始め!

今年は、体調等によりなかなか始まりませんでしたが

体調の方が、大分よくなってきたのでボチボチと始めました。


まずは、何時もの様に『メキシコさん』に行き

割引きで、サドルレザー(1/4サイズ)を買ってきました。

今年は、大きくて綺麗な革が有ったので予定

より高額でしたが、購入しました。

 

続いて、気合入れの

刃物研ぎ!

   DSCN3793 (2)

 

 気合を入れて、ピカピカに・・・!

   DSCN3794 DSCN3795

 

   DSCN3796

   革包丁・ノミ・切り出しナイフ何時もの柳刃包丁

   を研ぎました。

   例年より少ないのは、昨年後半ほとんど使ってないのと

   体調も考えて、これだけにしました。

 

と言った事で、今年も始まりました。

ますます、ボチボチになりますが

よろしくお願いします!

          ダロン.マロキ

スポンサーサイト

また 竹バスケット刻印改造です!

この所の天気のせいか、体のあちこちが不調で

しばらくの間、何も出来なかったのですが

やっと、大分良くなったので手慣らしに

始めたのが

竹バスケット刻印の改造!

   DSCN3777

   この刻印です。

 

   DSCN3778 DSCN3779

   先端を、打ちやすいと思い赤線の様な感じで凸形状にしていたのですが

   打つ時、刻印をかなり傾けなくてはならないので打ちにくい為と

   打った形状が、少し気に入らない所が有ったので

   真っすぐにしてみました。

 

早速

テスト打ち!

   DSCN3784

   こんな感じです。

   右側の、”へ”の字形状の方です。

 

   DSCN3781

   左が今までの物で、右が改造後の物です。

 

   DSCN3780 DSCN3783

   それぞれのアップです。

   以前の刻印で打った時は、柄の中央に割と鋭角な盛り上がりが

   出来てます。

   特徴にしても良いのですが、どうも気に成ってました。

   改造後に打った時は、かなりなだらかに成りました。

   打つ時も、それほど傾けることはしなくてよくなり

   大分楽に成り、早く打てる様になりました。

 

と言う訳で、改造は成功しました。

もっと、打ち込んでうまくならなくては!

          ダロン.マロキ

ヤスリの取っ手 制作!

時々挑戦している、私の工具作りの必需品である

ヤスリに、鉄鋼用三角の物が有ります。

このヤスリ本来は、取っ手を付けて使うのですが

そのまま使ってました。

持つところが、多角形なので角が有り使っていると

結構手が痛くなります。

ここに来て、やっととっても購入を考えましたが

『いまさら、購入するのも…?!』

と思い、作ってみました。

 

適当な木材の切れ端を、切って、削って、削って、磨いて

ついでに、革も巻きました。

で、

こうなりました。

 

完成!

   DSCN3773 DSCN3775

   こんな感じです。

   角度を変えると、少し曲がってます!

   使う分には、問題無いので良しとしました。

   握った感じは、良好です。

 

   DSCN3776 DSCN3774

   革を巻いた、両端です。

   左は、良かったのですが右の方は編むのを間違えたのか

   巧く出来ませんでした。

   もっと練習しなくては!

           ダロン.マロキ

竹バスケット縦柄刻印改造!

この前制作した、竹バスケットの縦柄刻印ですが

まだ、満足の行く様に打てないので

底面の、先端部を改造しました。

縦柄刻印!

   DSCN3729 DSCN3725

   画像のような形状と言っても、画像では良く分かりませんが。

   先端部分の手前を、少しへこませました。

   結果は、今までよりは良くなったと思います。

   今後も、思いついたら改造していきます。

 

新しい柄に挑戦!

   DSCN3721 DSCN3728

 

   DSCN3722 DSCN3727

 

   DSCN3723 DSCN3726

   それぞれ、縦と横から見た画像です。

   御覧の様に、新しい柄と言っても竹バスケットの縦と横の柄を

   うまく繋ごうとしているだけです。

   これで、

   『うまく繋いで、面白い柄に成らないかな?』

   と、トライしてみました。

   繋ぐ位置は、3番目がよさそうです。

   後は、仕上げ方ですね!

          ダロン.マロキ

竹バスケット刻印改造&制作!

まずは、
竹バスケット刻印改造!
   DSCN3719.jpg   DSCN3720.jpg
   この前の改造で、横柄専用にした刻印です。
   前から気に成っていたのですが、カットした線に刻印を合わせる時、
   なかなかうまく合わせる事が、出来ません。
   原因を調べると、刻印の角度が若干大きい事が分かりました。
   (画像右の、赤線部分の角度。)
   そこで、角度部部を削って1~2度小さくしました。

結果!
   DSCN3711.jpg
   試し打ちをしたところ、角度合わせは楽に出来
   スムーズに作業出来る様になりました。

つづいて、
竹バスケット柄 縦用刻印制作!
まずは、
材料!
   DSCN3703_thumb.jpg
   M8の、ステンレスボルトで、長さは80mmです。

削りだし!
   DSCN3704_thumb.jpg   DSCN3705_thumb.jpg
   頭部を、7~8度に削り込みます。
   この時、先端部分の面取りが無くなるまで落とします。

   DSCN3707_thumb.jpg   DSCN3708_thumb.jpg
   一カ所を、60度の角度にします。

   DSCN3709_thumb.jpg   DSCN3710.jpg
   上面は、そのままでも良いのかもしれませんが
   曲面が有った方が良いと思い、少しくぼみを付けました。
   削り面を、ペーパーで磨き金属磨きで仕上げました。

試し打ち!
   DSCN3712_thumb.jpg   DSCN3713_thumb.jpg
   左画像は、完成後そのまま打ったものです。
   上面に付けたくぼみが、変な模様になって出てしまいました。
   右画像が、上面のくぼみを手直しして打ったものです。

   DSCN3715_thumb.jpg   DSCN3715.jpg
   部分のアップです。
   まずまずの出来です。

完成!
   DSCN3716.jpg   DSCN3717.jpg

   DSCN3718.jpg
   この刻印の取っ手も、まだ残っていた革レースで編みました。

これで、竹バスケット柄も縦横柄が以前よりは楽に打てます!
                                ダロン.マロキ

《追記》
今回の記事は、画像量が多かったのかクリックしても
画像サイズが大きくならない物が有ります。
スミマセンでした。
今後気を付けます。
          ダロン.マロキ
プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ