ヘラの製作 完成!

先日カットした、ブラシの取っ手。
『さて何で加工しようか?』

荒加工は、ヤスリでボチボチと・・・。
しかし、静電気のせいで切り屑が手に付くわ飛び散るわ
で、悲惨な状況に。
さらに、ヤスリにこびり付くわで、ダメ!

次に、ノミで削ってみました。
こちらも割れそうで、没!

そこで
登場!
   DSCN3920.jpg
   先日購入した、小刀です。
   これで削ってみると、なかなか良いので
   頑張って、削りました。

荒加工完了!
   DSCN3919.jpg
   コリコリと削って、何とか形に成りました。

次に、荒砥石で削った面を整え 中砥石・仕上げ砥石と
面を仕上げていきました。
水を、たくさん掛けながらの加工です。
砥石加工には、結局1時間半くらい掛かりました。

完成!
   DSCN3921.jpg
   こんな感じです。

   DSCN3922.jpg
   先端部の、アップです。

   DSCN3924.jpg   DSCN3925.jpg
   横から見た、裏面です。

何とか、思ったように出来ました。

取っ手だったので、持ちやすいし使いやすそうです。
これからの作業に、役立てていきます。
                        ダロン.マロキ
スポンサーサイト

ヘラの製作!

秋晴れで快晴の日が少なく、蒸し暑い日が続いてます。

今回、
こんな物!
   DSCN3917.jpg
   ブラシの取っ手です。
   ブラシ部分は、かなり酷いのですでにカットしました。
   かなり固い、プラスチック製だと思います。
   カナノコで切ったのですが、カット面が摩擦で溶けて切りにくくなります。
   そこで思い出したのが、刃に ロウ を塗ることでした。
   抵抗が減って、スムーズにカット出来ました。

実は、以前から目をつけていましたが、今回交換する事になったので
早速計画の実行に入りました。

この取っ手、使いやすそうなので工具にしようと思ってました。
工具と言っても 『ヘラ』 です。
革の作業するのに、もう少し大きなヘラが欲しかったのですが
適当なものがなく、これを使うことを考えてました。

ヤスリで少し削ってみました!
   DSCN3918.jpg
   ヤスリにプラスチックがくっついて
   なかなか削りにくく、作業が進みません。
   手作業なので、『グラインダーでもあれば・・・。』 と思いますが。

ボチボチ頑張ります。
                  ダロン.マロキ

購入ナイフ手直し!

今日も、異常積乱雲の小さいものがまた出ています。
天気は、少し良いのですが湿度が高くて蒸し暑いです。

この前購入した、ナイフ(と言うより小刀と言った方が似合います。)
刃の研ぎ直しを、してみました。

この様に成りました!
   DSCN3907.jpg
   刃の先端部分が、少し曲がっていたので
   裏刃の研ぎに、時間がかかりました。

各部アップ!
   DSCN3908.jpg   DSCN3909.jpg
   先端部も、角をとって丸くしました。

   DSCN3910.jpg     DSCN3911.jpg
   裏も、少しきれいになりました。
   テストも、OK です。

ついでに!
   DSCN3912.jpg   DSCN3913.jpg
   キャップ型の、カバーを作りました。
   前に、練習した竹バスケットの革を使いました。

思っていたより、硬度はありませんででしたが、粘りのある材料でした。
欠けることはないと思いますが、硬いものに当たると刃が曲がりますね。

切れ味はナカナカに成りました。
切れ味が、長持ちするといいのですが。

これで、使ってみます。
                 ダロン.マロキ

ナイフ購入!

晴天でもないのに、蒸し暑い日々が続いてます。

先日いつも行くスーパーで、ミニ蚤の市があったので
買い物ついでに、のぞいてみました。
こういう所では、よく古いナイフなどが出ているので
切り出しの小さな物がないか、探してみました。

竹で編んだザルに、20本くらい入れてあるのを見つけました。
ほとんど切り出しです。

やや細いのが有ったのですが、やけに興味をひくものがありました。

これです!
   DSCN3878.jpg  
   取っ手など自作のようで、ちょっと変わった物です。

詳細部分!
   DSCN3879.jpg  DSCN3880.jpg  DSCN3880.jpg

   DSCN3881.jpg  DSCN3882.jpg  DSCN3884.jpg

   DSCN3886.jpg  DSCN3887.jpg  DSCN3888.jpg
   各部はこの様で、古い刃物によく見かけるようなマークが入ってます。
   刃厚が、4mmあり結構頑丈そうで小さな鉈のような感じです。
   刃長は、4.5cm 全長 13cm で持ちやすい形状です。
   刃を止めるのに、釘が打ってあります。
   釘止には、何かの骨のようなものが使てあします。

何に使うものか、いろいろ想像してみましたが分かりません。
原型は、もっと長い物でカットして今の長さになってます。
等々、想像して少し楽しんでましたが
研ぎが余り良くないので、私のテストに合格しません。
取っ手を少し修正して、研ぎなおしてみます。

結果は、後日改めて!
                  ダロン.マロキ

菱目打ちの改善 3!

今度は、じっくり考えて慎重にチェックしながら巻き上げました。
途中、2~3回の修正が有りましたが
何とか
完成!
   DSCN3866.jpg
   この様に成りました。
   右の方は、革レースが足りなかったので余っていた
   赤色レースで、間に合わせました。
   丁度、菱目本数の目印に成りました。

取っ手の径は、8mmから23mmにサイズアップ出来ました。
これで、菱目打ちを持つ時に指の負担が軽くなると思います。

刻印の方は、今回での指負担軽減結果を見て、ボチボチとやっていきます。
                           ダロン.マロキ
プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ