トラベラーズノートカバー 2!

カービングの乾燥を待ち、裏面の剝き作業をし

本体に合わせて、内側パーツをカットしました。

その後、合体をし縫って仕上げ作業をして

ゴムひもを付けて

完成!

   DSCN3733 DSCN3734

 

   DSCN3735

   表・裏面と、中面です。

   カービングの、伸びが思った方向(横方向)と逆(縦方向)に出て

   少し焦りましたが、何とか調整し完成しました。

 

ドライバーズノートは、、ダイアリー、ノート等の

各種リフィルとか、ペンホルダー等気に入ったあるいは必要な

付属パーツを付けて、自分の思い通りのノートにしていくことが

人気だそうです。

          ダロン.マロキ

スポンサーサイト

トラベラーズノートカバー 1!

改善した、竹柄刻印を使って何か作ろうと思ってました所

『メキシコ』さんの記事に

『トラベラーズノートカバー』

という物が有りました。

一種のメモ帳カバーだと思いますが、最近流行っているそうで

制作も割と楽そうで、サイズも各種有り

『これで行こう!』

と、決定しました。

 

寸法をA6サイズに決め、表側に成る唐草柄を下描きし

打ち込みました。

さらに、裏側に成る竹柄バスケットを打ちました。

カービング 完成!

   DSCN3730

   こんな感じです!

 

アップ!

   DSCN3731 DSCN3732

   唐草柄は、最近の傾向でだんだん細かくなってきています。

   『花や葉のバリエイションを、増やさなくては!』

   と、思ってますが、全然進んでません。

   竹バスケットの方は、前回トライした縦・横の柄を

   ドッキングしたものです。

   『なかなか、良い感じかな?』

 

後は、パーツをカットし合体です。

          ダロン.マロキ

B7判メモ帳カバー!

前回の改造刻印を使って、メモ帳カバーで

カービングをしてみました。

下描き!

   DSCN3648

   何時もの様に、『こんな感じ!』と言った下描きです。

裏面は、竹のバスケット柄にします。

 

カービング!

   DSCN3649

   全体画像!

 

   DSCN3650

   花柄部分です。

   予想通り、線が多く重なった部分のベベラは作業しやすく

   いい感じで、仕上がりました。

 

   DSCN3651

   こちらも、刻印後の線は消えました。

 

裏加工!

   DSCN3652

   折れ曲がり部分と、周りを剝きました。

 

後は、ポケットを貼り付け縫ってカットし仕上げました。

 

完成!

   DSCN3653 DSCN3654

   表側と裏側です。(特に表裏は有りませんが。)

   気分によって、どちらでも使えます。


   DSCN3656
   DSCN3655

   中はシンプルで、メモ帳を止めるポケットだけです。

 

比較!

   DSCN3667DSCN3665

   線が重なった部分を、比べてみました。

   左が改造前で、右が改造後です。

   線間の幅は、改造後の方が狭いです。

   改造前では、線の間が丸い山の様になってしまってます。

   改造後は、ベベラをした方が低くなって山の先端が

   左に寄って、少し尖り感が出てます。

   いい感じに成ったと思います。

   線幅が細くても、巧く加工できました。

   またベベラの先端が、よく見えるので加工もしやすく成りました。

 

   DSCN3657

   こちらも、不要な線は亡くなりました。

 

と言った所で、

カービングが少し、楽に綺麗に成りました。
(少し、進歩したかな?)

          ダロン.マロキ

スマホーケース第2弾の 3!

Dカン・フラップ・内革・取っ手を制作し組みつけました。

完 成!

   DSCN3619  DSCN3620

   表と裏です。

 

   DSCN3621  DSCN3622

   入口部と、底部分です。

 

   DSCN3623

   側面です。

 

取っ手が付いただけで、本体の完成画像と同じですね!

 

取っ手は、ナチュラルと黒の4本組ベルトです。

留め具のフラップは、裏側で止める様にしました。

内革は、ブラウンのバックスキンです。


サイズ!

 内寸法

  幅 73 ✖ 厚み 18 ✖ 深さ 155 mm

 外寸法

  幅 95 ✖ 厚み 30 ✖ 深さ 160 mm  (取っ手部は除く。)

   スマホのS6シリーズすべてが入る様に、と思ってましたが

   見栄えの為、取っ手を内側に着けた結果

   最大のサイズ(幅76mm)は、入らなくなりました。

   最初にもっと、検討するべきでした。

 

今回も、いろいろ勉強になりました。

ダロン.マロキ

スマホーケース第2弾の 2!

カービングが終わり乾燥を待って、

折り目の溝を掘り、余分な個所をカットし

縫いました。

 

本体 完成!

   DSCN3614   DSCN3615

   本体の、表と裏です。

 

   DSCN3616   DSCN3617

   入口部と、底部です。

 

   DSCN3618

   側面です。

   ベースボール縫い(?)にしました。

 

これから、Dカン・フラップ・内革を

作って、組み付けます。

           ダロン.マロキ

プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ