ステアリングカバー 8 完成!

長時間かかってしまいしたが、ステアリングカバーも、いよいよ最終段階の縫い付けです。
作業途中の画像は? トップシークレット? ではありません。
すみません、撮ってません!(必死で縫っていたので、忘れてしまいました。)
通りかけた人の目も気にせず、
     運転席に閉じこもって4時間!
途中、2~3の失敗(縫い目を、飛ばしてしまった。)を乗り越え
菱目の穴数違いも、乗り越えて
遂に、
完 成!
     DSCN3175.jpg
     細かい所に不満は多々有りますが、
     画像で見ると、まずまずです!?

各部分 アップ!
     DSCN3170.jpg     DSCN3176.jpg     DSCN3173.jpg
     上と下部分です。
     思ったよりは、カービングのダメージは少ないです。
     スポーク下側部に、縞が出来てしまいました。

     DSCN3169A.jpg     DSCN3168.jpg     DSCN3174.jpg
      横部分は、まずまずです。

御覧のように上部は後に縫った為、革が寄ってしまいデコボコの縞が出ました。
原因は、カバーが長すぎたことに有ります。
型出しの時、水で濡らした時長く成ったのは分ってましたが
『何とかなる!』 と、いつものように強引に進めたのがまずかったです。
菱目打ちも、革の変化を忘れマーク箇所を頼りに打った為発生しました。
『もっと慎重に、作業しなくては!』
と、いつもの反省です。

ステアリングの握り具合は、少しの径アップですが予想像以上に太く感じます。
握った感じは、以前より柔らかく手の大きい方の私には握りやすい太さに感じました。
カービングのデコボコが有り、滑ることはありません。
『やってよかった!』
と思いました。

といったところで
ステアリングカバーの完成です。
        長時間お付き合いいただき、ありがとうございました!


少し休んで、また次に挑戦します。
                             ダロン.マロキ
スポンサーサイト
プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ