バスケット刻印 6!

さて、バスケット刻印の続きです。
線引き治具が、叩いている内にズレてしまう事が分かったので
もっとしっかりした材料で作ってみました。
新 線引き治具!
     DSCN3448.jpg     DSCN3449.jpg
     丁度いいアルミ材が有ったので、これで作ってみました.。
     裏面には、違うパターンを描きました。
     柄の幅も、検討して 5mm から 4mm に変更しました。

早速、
テスト!
     DSCN3450.jpg     DSCN3451.jpg     DSCN3452.jpg

     DSCN3453.jpg     DSCN3454.jpg     DSCN3455.jpg

     DSCN3456.jpg
     幅を 4mm にした所、予想以上に刻印が打ちやすく
     画像で見るより現物は、綺麗に打てました。
     刻印の幅と、カットの幅が一緒では余裕が無い為
     少しでも違うと、修正が大変でしたが
     もう修正は、ほとんど不要です。

ここで問題が出ました。
線引き治具で、模様を展開する時にうまく合わせることが出来ません。
これは、周りの余肉が多い為、治具を合わせる時、押した線が見にくい為
うまく合わせる事が出来ないからです。

と言う訳で、余肉をもっと削ってみます。
                       ダロン.マロキ
スポンサーサイト
プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ