フレンチエッジャー研ぎ革砥!

フレンチエッジャー!
      DSCN0661.jpg

 は、通常青棒で外側《下部》のみ研いでますが、切れ味がどうも・・・。
 そこで
  『内側《上部》も、研いだほうが良いのでは?』
 と、思い立ち内側を研ぐ物を作ることにしました。
まず!
     DSCN2185.jpg     DSCN2188.jpg     DSCN2189.jpg
     角材に、6mm の凸部を削りだし、そこに厚めの革を貼り付けます。
     刃物お手入れ油を塗ります。
     青部を刷り込んで完成。
早速!
     DSCN2190.jpg    DSCN2191.jpg    DSCN2192.jpg
     研ぎました!

もともと内側は、面が粗かったので
効果はイマイチでした。
効果出るまで、研ぎあげてみます。
                 ダロン.マロキ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何時も有難うございます。
勉強になります。

ボルドーさん

> 何時も有難うございます。
> 勉強になります。
参考になりましたら、嬉しいです。

毎度ですよ。

研ぎネタいつもさすがで勉強になります。
(…できないけど)

フレンチエッジャーは持ってないのですが、
ヘリ落としの切れ味がイマイチになってきて
るのでどうやって手入れしようかなあ~って
思ってます。

SAKU さん

> 研ぎネタいつもさすがで勉強になります。
> (…できないけど)
好きになってしましまったので、つい・・・。

> フレンチエッジャーは持ってないのですが、
> ヘリ落としの切れ味がイマイチになってきて
> るのでどうやって手入れしようかなあ~って
> 思ってます。
ヘリ落としは、Φ2mm 位の針金(ピアノ線)に、
800~1000番の布ペーパー乗せて、手前に引いて研ぐといいですよ。
もっと簡単なのは、青棒塗った革砥の角で研ぐのもいいですよ。
一番は、砥石の角部分を Φ2mm のR形状にして
研ぐのが一番切れましたよ。
ぜひやってみてください。驚くように切れますぞ!
プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ