段剥き加工の代替方法 検討!

最近覚えてから、良くやる段剥き加工ですが
ナカナカ大変なので、『何かもう少し簡単に出来ないかなー?』
と、思っていました。
ふと、P・ロックさんのこのページ を、思いだしました。
念入れると、段差は少ないのですが段が出来てます。(自分でも、最近やってましたねー。)
そこで、やっと気が付きました。
当然ですが、水を入れても押さえれば段が出来ます。
(カービングでは普通にやってます。)
早速!
    DSCN2446.jpg
    最初、強い力で締めればたくさん凹むと思い
    バイスで、凹ませる部分を締め付けました。
    左から、
     4mmの革で、裏を剥いてから締め付ける。
     4mmの革で、そのまま締め付ける。
     1.5mmの革で、裏を剥いて締め付ける。
     1.5mmの革は、締め付ける位置に、ヘラで線を入れました。
     と、やってみました。

     約1mm凹みました。
     凹み量は、革の厚みが変わっても同じでした。
     線を入れた1.5mmは、良い感じです。
が、
締め付けた部分がなんと、黒くなってしまいました。
そして、少し凹み量が、足りません。また、曲線も専用ジグがないと出来ない。
で、
ボツ!!!

こうなると、手で押さえるしかありません。

また、早速!
    DSCN2445.jpg
    左上から、
     革1.5mm、裏の剥きは凹み部の2mm。
     革1.5mm、裏の剥きは凹み部の5mm。
     革1.5mm、裏の剥きは凹み部の2倍。
    右は、
     革2.5mm、裏の剥きは凹み部と同位置。
    です。
    少し、緩く押さえましたが1.5の段差が出ました。
    押さえる面積が少ないせいか、こちらのほうが、思ったより多く凹みました。
    変色は、殆ど出てません。
    凹み具合は、裏の剥き5mmの物が良い感じでした。

曲線!
    DSCN2439.jpg    DSCN2438.jpg     DSCN2437.jpg

    こんな感じです。
    凹み量は、少し物足りませんが何とか使えそうです。

横&裏!
    DSCN2442.jpg    DSCN2443.jpg
    凹み具合は、画像では見づらいですが良い感じです。
    裏の剥き量は、端面が革厚の約半分になる様剥きました。

今後の作品で、使える所には使っていこうと思います。
                    ダロン.マロキ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ