押し棒&ヘリ落し 改造!

前回の、簡易段付けで押し棒を使いますが
Rが大きく、平面との境がわかりづらいので
改造!
    DSCN0821(2).jpg    DSCN0823(2).jpg
    木製の棒は、先端の平面部を大きくしコーナーRを1Rくらいにしました。
    磨き板は、ついでにR部分を磨きなおしました。
    念入れ工具の平面加工部は、先端の斜め平面部を両端まで延長しました。
    線入れ加工のほうも、磨きなおしました。

ついでに、
ヘリ落し!
    DSCN2447.jpg
    こちらは、オズボーン社製と、クラフト社製2本です。

先端アップ!
    DSCN2448.jpg    DSCN2449.jpg     DSCN2450.jpg
    それぞれ、先端の右側をぎりぎりまで削り落としました。
    右利きなので右側を改造しました。
    この改造は、結構皆さんやられてるようですね。
    これは、かねてから思っていましたが
    薄い革のヘリ落し作業時、工具右側先端が机面に当ってしまい
    台に乗せるなどしなくては、作業できなかったからです。
    工具の当る部分を、削ってしまおうと思ってましたので
    今回改造しました。

    オズボーン社製の物は、切れが悪かったので刃部全周の刃先角を鋭く研ぎ直しました。

    テストカットでは、1mm 厚の革でも難なく加工出来るように成りました。

    オズボーン社製の物は、同じ様にする為には
    もっと大胆な改造しなくてはならず(先端を、切ってしまう感じです。)
    また、別の用途もあるのではとも思いここまでにしました。

    これはまたそのうちに検討します。
                     ダロン.マロキ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ