X505 試し打ち!

やっと、X505 の、試し打ちが出来ました。
まずは、見てください。
X505!
     DSCN2506.jpg    DSCN2495.jpg    DSCN2494.jpg
     エル社の刻印と、クラフトの刻印では
     柄の角度が違ってましたので、定規修正しました。
     エル社25度に対して、クラフト社45度です。
     右の画像で黒がエル社、クラフト社がナチュラルです。
     (角度の基準は、私のかってな基準です。)
     革の状態も有りますが、打ち込んだ感じが浅いような気がします。
     また、一部にメッキの不具合が有り柄に傷が出ました。
     (これは、失敗のないよう注意してヤスリで直しました。)

そこで、こんなもの作ってみました。
ワックス入れ!
     DSCN2507.jpg     DSCN2509.jpg
     『なんてこった!』  一部、間違えてしまいました。

     やはり、刻印が浅いような感じです。
     柄合わせは、エル社のものに比べやりやすい感じです。

これから、もっと打ち込んで慣れなくては巧く打てませんね。

おまけ!
     DSCN2510.jpg
     糸のなくなったビニモの糸巻きに、麻糸を巻いていましたが
     先端から糸が外れて、無残な事になってました。
     これを何とかほぐし(時間、掛かりました。)
     先端にテストで使った革を、貼りつけました。
     そして、もう一度巻きなおしました。

                 ダロン.マロキ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

SAKU

C社とエル社で鮮明さ違うのか~。
なるほど~。

なんと糸巻きに付けたのですか。
アイデアですね~。

SAKU さん

> C社とエル社で鮮明さ違うのか~。
> なるほど~。
黒に打ったエル社は、革のせいも有ってか
結構綺麗に打ててますが、C社のはまだ同じ革がないので
鮮明さに関しては、なんともいえませんよ。
『刻印全般に、C社の方が良いとは思います。』
とは、メキシコさんの談。

> なんと糸巻きに付けたのですか。
> アイデアですね~。
いつもの、捨てられない
“残り革減らし対策”です。
プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ