レースカッターの改善!

以前作った、

レースカッター!

   DSCN3693

   使用時にコツを必要とし

   気を抜くと、失敗してしまう事が多々あります。

   その為、少ししかレースを作らない時は革包丁で

   カットしてました。

   『何とかしなくては!』 と思ってましたが

   チョッとひらめいたので、改善してみました。

 

改善案!

   D-11-1.jpg

   刃先の図です。

   改善前は、カット方向に刃先が真っすぐに成っているので

   革に働く力は、左右均等に働きます。

   その為、壁側に革を押し付けていないと革の幅が一定に

   なりませんでした。

   そこで、刃の向きを刃先角分ねかせて、壁側の方に力が

   掛かるようにすれば、そんなに革を壁側に押し付けなくても

   革幅は、一定に成るのではないか?

 

改善!

   DSCN3694

   赤矢印の所にスペーサを入れて、ブレードホルダーに

   刃先角くらいの角度が付くようにしました。

   刃先角より、大きくなってはまずいと思い

   少し小さめです。

 

結果!

   DSCN3695

   手放しではまずいですが、軽く押しているだけで

   以前より安定した革幅です。

   これで、1本でもカットしようと思えます。

   今後、活躍してもらいます。

          ダロン.マロキ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダロン マロキ

Author:ダロン マロキ
レザークラフト 
アトリエ・フルール へようこそ!
 ふとしたきっかけで始めた、革細工。物作りが好きな私は、すっかりはまり休日、夜な夜な細工に精を出し早十数年。
 まだまだ、コンコンとやっております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
minne
出品中
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ